「言われたことをまずちゃんとする」 ~名言その114~

【本日の師匠名言】

言われたことをまずちゃんとする

脳内変換誤作動。

私、弟子はこれをよくやらかします。

仕事について師匠から指示を受けたあと、

師匠から仕事について指示

言われたことをしようとする

これもしてたほうがいいんじゃないか(誤作動発令中)

たぶんこっちが良さそう(誤作動中)

よさ気な仕事が出来た!(指示と違う結果)

こんな感じで、途中で自分のテイストを入れたらり、
こっちがいいんじゃないか!?と勝手にやっていくうちに
軌道がズレていってしまう。

自分で考えたことをする、これが悪いことじゃないと師匠は言います。

なんでそうしようと思うのか、
根拠はあるのか、
余計なことじゃないか、
時間や労力のバランスは取れるのか、

それを踏まえて、さらにプラスαでするなら良い。

でも、

自分のテイストをプラスするにしても、

言われたことをまずちゃんとする

余計なことをしたいときには、
言われたことを出来た上での話。

最低限のこともできないようなら、
まだ余計なことはするべきじゃない。

まずは基本。

当たり前のことを当たり前にすること。

できそうでまったくできてない30半ば。
自分らしさを出すには基盤がちゃんとないと。

 

コメントを残す