「女はギャップとGAP(ブランド)に弱い」 ~名言その113~

【本日の師匠名言】

女はギャップとGAP(ブランド)に弱い

今回は師匠のちょっと違った一面。

師匠は一見コワモテ。
黙ってたらなかなかの迫力がある雰囲気の持ち主。

でも、人当たりが良く(うまく)、
初対面の人に対して低姿勢で物腰柔らか、
優しい雰囲気で接するタイプなので、
話してみると

「えー、なんかイメージと違う!」

と良く言われるようなタイプです。

いわゆる”ギャップ”のある男。

補足:
師匠の一昔を知る人から言わせると、
どうしてこうも変わった!?といううくらい、
人間的にまぁるくなったそうですが (笑)

そして今回の師匠の名言

女はギャップとGAP(ブランド)に弱い

 

はい、正解!

見た目と中身がそのまんまイコールだと、
とくに面白みもなく印象も薄いですよね。

でも、ギャップっていうのは人の心をグッと掴むんです。

コワモテなのに動物やお年寄りに優しい、とか
草食系なのに脱いだらすごいカラダ、とか
マジメそうに見えて実はすごく経験値豊富、とか
(なんかエロい話になってる!?笑)

女性は男性のギャップにキュンとくるんです。

人はイメージ通りではなく、
「意外」と思われる顔を見せられたときに、
より「この人、どんな人なんだろう?」と興味を持つ心理があります。

なんだそうです。

私自身もギャップのある女になろう!と心に誓った瞬間でした。

なんか、師匠の名言とはちょっとかけ離れた内容ですが、
ビジネスでもプライベートでも、人と接するときに
ギャップを意識すると、相手から受ける印象が違ってくるかも!?

ぜひみなさんもギャップ萌えされる人間に(*´∀`)ノ

あ!

女性がGAP(=ブランド)に弱いっていうのは鉄則ですね(笑

コメントを残す